映画刀剣乱舞をみた感想

映画刀剣乱舞をみた感想

友達に誘われて「映画刀剣乱舞」を鑑賞しました。

普段、アニメやゲームなどに触れることが多いので、原作を知っている作品だと登場人物のビジュアルのイメージが原作と異なる点などがどうしても気になってしまうため、これまでは実写映画化に対する苦手意識があったのですが、この作品は原作ゲームと比べても登場キャラのビジュアルの再現度が全体的に高く、この映画を鑑賞する前に持っていた2.5次元化や実写化に対してのイメージがかなり変わりました。


特に、実写化と聞いた時の一番の不安要素であった短刀のキャラクター(原作ゲーム内では全体的に幼い少年の姿に擬人化されている)も、短刀の中でも比較的、身長が高くても違和感のない人選をメインで登場させていたため、成人男性が演じていることの見た目の違和感が少なくて自然に観ることが出来ました。


原作にはメインとなるストーリーが特に存在しないためストーリーはこの映画オリジナルのもので、原作にいないキャラクターの登場などもありましたが、とても出来がしっかりしていて面白かったです。想像していた以上に楽しめました。本当に観て良かったなと思う作品です。自分一人では観ないままで終わっていた作品だと思うので、誘ってくれた友達に感謝しています。


■□■人気の動画無料視聴の記事■□■
  ↓  ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村